ジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック等のエフェクター製作で名を馳せ、その後も名機を生み出し続けるロジャー・メイヤーの手により生み出され、その名のとおり低域を強調した太いファズサウンドを提供し、多くのプロ・ミュージシャンを魅了してきたRoger Mayer。こちらは往年のコンパクト筐体に大きな筐体のシリーズから追加されたハードワイヤー出力端子を装備。次世代機”Voodoo-Bass Classic”にてリリースされたモデルです。

日本ではベーシスト兼プロデューサーの亀田誠治氏の愛用でもお馴染みの小さな筐体の“Roger Mayer/Voodoo-Bass”。多くのトップアーティストを魅了するサウンドキャラクターは当時のモデルのサウンドを継承しつつも、ハード・ワイヤード・アウトを追加し、より使いやすく進化しております。こちらのモデルでは先に復刻されたLimitedモデル同様、バッファー・アウト(2アウト)に加え、ハード・ワイヤード・アウトを標準装備。ハードワイヤード・アウト(HW OUT)はバイパス時、入力信号は一切の電子回路を通らず出力する為、よりナチュラルなバイパス・サウンドが得られる仕組みになっています。こちらにより、他のエフェクターとの併用やレコーディン等の使用環境に応じて選択が可能な嬉しい仕様となっています。あの、独特の鼻をつまんだようなブーミーなドライブサウンド、どこか暖かさも感じられる甘い歪みサウンドの感触はそのままに、幾分、スッキリとさせたような抜けの良さが魅力的なモデルとなっております。

※掲載画像のACアダプターは付属いたしません。

[2種類のアウトプット]
バッファー・アウト(×2)と、ハード・ワイヤード・アウトを備えています。お好み、使用環境に応じて選択可能です。
■バッファー・アウト(BF OUT)
バッファー回路を通して、ハイ・インピーダンスをロー・インピーダンスに変換して出力します。出力が2つあるので、アクティブ・スプリッターとしてもお使いいただけます。以下の様な場合に適しています。
●照明など外来ノイズの影響を受けやすいステージ
●長いケーブルを使用する場合
●エフェクトを多用する場合
●チューナーによる音質劣化を防止したい場合
■ハードワイヤード・アウト(HW OUT)
バイパス時、入力信号は一切の電子回路を通らず出力します。

[スペック]
■コントロール:GAIN、TONE、OUTPUT
■端子:INPUT、WH OUT1、BF OUT2、BF OUT3、9V DC
■電源:9Vバッテリー
■使用可能な電源アダプター:9VDCセンター・マイナス
■寸法:116W×50H×90Dmm
■重量:340g

2020年激安 Classic【PB】 《ロジャー・メイヤー》Voodoo-Bass Mayer Roger-エフェクター

2020年激安 Classic【PB】 《ロジャー・メイヤー》Voodoo-Bass Mayer Roger-エフェクター

Twitter Facebo
読み込み中...