◆表裏:絹100% (お誂え・お仕立ては手縫いです)
背より身丈151cm(適応身長146cm~156cm) (3尺 9寸 9分)
裄丈62.5cm (1尺 6寸 5分) 袖巾32.5cm (8寸 6分)
袖丈47.5cm (1尺 2寸 5分)
前巾23.5cm (6寸 2分) 後巾30.5cm (8寸 1分)
◆八掛の色:葡萄酒色
◆最適な着用時期 10月~5月(袷の季節に)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 女子会、街着、お稽古など

◆あわせる帯 名古屋帯、半幅帯、洒落ものの袋帯

============================

【裄丈のお直しについて】

概算ではございますが、以下の最長裄丈までお出しできるものと思われます。

≪最長裄丈≫ 裄丈66cm (1尺 7寸 4分) 袖巾34cm (9寸 0分)

詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

============================

◆新古品・中古品は現品限りですので売り切れ次第終了となります。

◆中古品として仕入れてまいりましたが、洗われて大切に保存されていたのでしょう、仕付け糸も付いたままの美品でございます!お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ!


奥行きを生み出す絣の陰影が、手の込んだ作品であることを意識させます。
お値打ちにお届け致しますので、ご寸法の合われる方は是非お見逃しなく!

シャッシャッという大島特有の絹鳴り、さらりと肌に軽い着心地は一度手を通されるとやみつきになることでしょう。

大島の命とも言うべき泥染めは、テーチ木(車輪梅)の液で数十回も繰り返し染めることから始まります。テーチ木のタンニン酸によって、赤褐色に変わった絹糸を、今度は泥田につけて何度も染めます。タンニン酸と泥に含まれる鉄分が化合して糸はやわらかくなり、決して化学染料では表わす事ができない独特の渋みのあるダークな色調に染め上がります。

大島紬の命とも言える絣の細かさを表現するためには、常に経緯の糸が正しく交差するよう、また糸にいつも均等な力がかかるよう、織り手には細心の注意が要求されます。
7~8cm織りすすむごとに、細い針の先で絣を正しくそろえる作業を行いますので、
平均して40日前後、最高級の手の込んだものとなりますと、
一年以上の月日の末にやっと一反が生み出されることもあります。

シックな黒を基調とした紬地に、一面に細やかな絣模様を込めて
「瑞雲胡蝶文」の意匠を織り成しました。
全体に密度高く絣模様を織り成して、胡蝶にのみ鮮やかな有色を加える事で
着姿の中にお柄が際立つ印象の仕上がりになっております。

伝統的な技にセンス香るレトロな雰囲気…
何とも上品に、大人の女性の装いに華を添えてくれるひと品でございます。

大島独特の滑らかな手触りとシワになりにくい性質、着れば着るほど着心地がよくなる素晴らしい風合いを楽しみながら、母から娘へと末永く大切にお召しいただきたいお品です。

気が遠くなるような手間と時間をかけて織り出された手仕事の結晶…。
特別仕入れさせていただけました一点でございます。
末長くご愛用いただける方にお届けいたします。

撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 仕立て上り色無地・小紋・紬)
(ガード加工 仕立て上り色無地・小紋・紬)

※仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。




※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[2G079536]-[TP:桂]-[PS:中西彩]-[CH:田中郷]-[文責:吉岡駿]-[0409019]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

超美品 裄62.5 【平成最後の赤札市!】【本場大島紬】手織・7マルキ式カタス・有色絣≪仕・中古美品≫「瑞雲胡蝶文」身丈151-着物

超美品 裄62.5 【平成最後の赤札市!】【本場大島紬】手織・7マルキ式カタス・有色絣≪仕・中古美品≫「瑞雲胡蝶文」身丈151-着物

超美品 裄62.5 【平成最後の赤札市!】【本場大島紬】手織・7マルキ式カタス・有色絣≪仕・中古美品≫「瑞雲胡蝶文」身丈151-着物

Twitter Facebo
読み込み中...